画像認識・解析サービス

ドローンとAIによる画像認識・解析技術を組み合わせ、設備や施設の異常箇所を自動検出し、異常が検出された箇所の情報と問題の種類をレポーティングするサービスです。

大規模太陽光発電施設の点検業務では、定期的にドローンを航行させて画像を収集・解析し、ソーラーパネルのセル識別と異常箇所の検出を実現することで、故障を無人でかつ早期に検出し、点検業務の効率化を図ります。
現在、更なる精度向上に向けて開発を進めています。(赤く塗りつぶされているパネルが故障し発熱している箇所)

今後は、コンクリート構造物や鉄橋・鉄塔、道路等の点検や警備業務へと、順次、認識・解析対象を広げていく予定です。
さらに、全自動ドローン運用サービス「DRONEBOX」と組み合わせることで、警備・設備点検業務の完全自動化を目指します。

ドローン導入・活用をご検討中の方、
まずはお気軽にご相談ください。

活用シーンに合わせた最適なソリューションを
ご案内いたします。