お知らせ

ブイキューブロボティクス、ドローンを活用した 「愛媛県原子力防災訓練」に参加

お知らせ
企業・自治体向け業務用ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出村太晋、以下ブイキューブロボティクス)は、2017年11月14日(火)、株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)に技術協力する形で、愛媛県の実施する「愛媛県原子力防災訓練」に参加いたしました。 本訓練の一環として、愛媛県が、原子力発電所の重大事故発生時における避難経路の被災状況を、ドローンを活用して確認することの有効性を検証する実証実験を行いました。

■本実証実験の目的

本実証実験は、原子力発電所の重大事故において、周辺地域の避難経路の被災状況の確認にドローンを活用し、住民避難の実効性向上についてドローン活用の有用性を検証するため実施されました。

■実証実験の内容

11月14日、愛媛県で実施された愛媛県原子力防災訓練では、発電所から約70km離れた愛媛県庁において、弊社がドローンの自動航行制御の開発に協力した、NTTデータ様による無人航空機管制システム「airpalette UTM」を訓練用に使用して、ドローンを制御、弊社の映像共有技術によって発電所周辺の避難経路の状況を関係各署でリアルタイムに共有することに成功しました。
本防災訓練により、ドローンの撮影した映像のリアルタイム・遠隔複数拠点共有が、迅速かつ確実な住民避難を実現する上で有効であることが検証されました。


今回の実証実験の結果を踏まえて、機器の機能/性能面や運用プロセスの更なる改善・向上を実現し、実験レベルではなく実用化に向けた取組みを進めて、災害時・緊急時の対応に同じ課題を持つ全国の自治体、世界に展開していきます。

■ブイキューブロボティクスについて  

2015年10月に設立され、ロボティクス領域において映像コミュニケーション技術とドローンコンピューティング技術を組み合わせたソリューション事業を展開しています。 専門的な操作技術を持たない人が誰でも簡単かつ安全にドローンをコントロールし、遠隔地・多拠点からリアルタイムにモニタリング・コミュニケーションを行い、即時に必要な意思決定ができる環境を実現させていきます。コミュニケーションの可能性をさらに拡げ、多くの日常業務をドローンに代替させていき、社会の中で当たり前のようにドローンが活用されている世界を創っていきます。

ドローン導入・活用をご検討中の方、
まずはお気軽にご相談ください。

活用シーンに合わせた最適なソリューションを
ご案内いたします。