コラム

VRJでしかできない映像伝送!

〜リアルタイムで見れるすごさ〜

今回のコラムはVRJが提供している「リアルタイム映像伝送」システムについてです。

今まで、ドローンで撮影した映像は、現場のオペレーターだけが手元の送信機で確認できるモノでした。
遠隔地にいる人に現場の映像を共有するためには、いちいちドローン内部の記録媒体を取り出し、PCに差し込んでデータ送信する必要があったんですね。

これではせっかく空撮で取得した、災害現場や警備監視データの価値が半減してしまうため、VRJでは空撮映像をリアルタイムに遠隔地の複数拠点と共有する事ができる、ドローン専用の映像伝送システムを提供しています!

弊社の映像伝送システムは、日本国内どこでも、空撮しているドローンの映像・音声をPCの画面越しに確認できちゃう優れモノなんです(ちなみに、海外現地で取った映像もリアルタイムに確認できるとか!)。

PC・タブレット・携帯電話などマルチデバイスに対応しているので、これがあれば日本全国どこにいてもどんな端末を使っていても、ドローンと繋がれますね!

災害対策・遭難者探索・構造物点検・警備監視などなど、さまざまな場面で VRJのリアルタイム映像伝送の技術が活用されています。


~実際の映像伝送の様子はこちらから~

ドローン導入・活用をご検討中の方、
まずはお気軽にご相談ください。

活用シーンに合わせた最適なソリューションを
ご案内いたします。