コラム

イギリスでは警察がドローンで警備!?

~海外の産業用ドローン事情について~

ドローンは海外でも広く活用されています!

例えば、イギリスではなんと警察用の「ドローンパトロール部門」があり
ドローンをパトロールに使用していて、24時間365日の監視が可能になるといいます!
パトロール部門について警察の長官は”行方不明者捜査や、事件事故現場の撮影、野生動物犯罪の際に警察官を援護してくれる”とドローンに信頼を寄せています。
2017年夏の段階では、運用を認可されているのは5名ですが、警察官へのトレーニングを強化していくとのことです。

他にもアメリカなどイギリスのように警察がドローンを配備しているところも少なくありません。ただ、いかなる時も上空から撮られるという点でプライバシー問題を取り上げれられることもあり、場所によってはまだ実用までに課題もあります。

国内でも大手の警備会社などが警備員の負担を減らすためにドローンを取り入れる動きが始まっています。ドローン落下のニュースなどもありますが、”治安を守る”シーンでもドローンの活躍は着々と近づいてきています。

ドローン導入・活用をご検討中の方、
まずはお気軽にご相談ください。

活用シーンに合わせた最適なソリューションを
ご案内いたします。