導入事例

仙台市での冬山遭難者捜索

仙台市が実施した「ドローンを活用した冬山遭難者捜索支援の実証実験」に参加

ドローンを活用した冬山遭難者捜索支援の実証実験の目的

冬山シーズンでの山間部遭難者搜索において、日中・夜間の両時間帯で、ドローンの搜索活動における有効性を検証するため、実施された。
遭難者からの119番通報を想定し、(1)遭難者が保有する携帯電話の位置情報を元に、遠隔操作で起動されたドローンが自動飛行で現場まで急行し、遭難者の早期発見を支援できること(2)遭難者に対して、ドローンに搭載されたスピーカーを通じて、呼びかけが実施できることの2点について検証した。

ドローンを活用した冬山遭難者捜索支援の実証実験の内容

本実証実験は、仙台市泉ヶ岳スキー場におけるスキー客の遭難を想定して、日中と日没後の2回実施された。遭難者からの119番通報が入ると「119番通報に関わる位置情報通知システム」によって位置情報が特定され、その位置情報に対してドローンは遠隔から飛行ルートが設定され自動飛行で現場まで急行。市中心部にある市災害情報センター、泉ヶ岳現地対策本部、捜索隊が、NTTドコモのネットワーク(ドコモLTE)とブイキューブロボティクスのドローンソリューションを利用して、ドローンからLTE回線を通して伝送される映像をリアルタイムに共有・連絡をしながら遭難者を捜索。発見した遭難者には、ドローンに搭載されているスピーカーを通して、捜索隊に救助されるまでの間、呼びかけが実施された。日中は光学カメラ、日没後はサーマルカメラをドローンに搭載し、日中・夜間問わず、「現場の捜索隊への適切な指示出しにより、遭難者の早期発見と呼びかけ等による遭難者の安全確保や不安軽減ができること」が確認された。

ドローン導入・活用をご検討中の方、
まずはお気軽にご相談ください。

活用シーンに合わせた最適なソリューションを
ご案内いたします。