導入事例

筑波大学が実施したドローン検証実験

筑波大学が常総市、国土地理院と実施した水害時のドローン検証実験に参加

水害時のドローン検証実験の目的

水害の前兆に対して、避難の呼びかけや防災対応を適切に実施していくことが求められる行政機関において、ドローンが撮影している現場の状況を、複数の遠隔にある拠点でリアルタイムに共有することは、新たな手法として有効かどうかを検証するため、実施された。

水害時のドローン検証実験の内容

常総市の市長、職員、消防、警察、ならびに国土交通省国土地理院の職員が構成する対策本部に、リアルタイム映像コミュニケーションサービスの画面を映し出すモニターを設置。ドローンを操縦するオペレーターが、リアルタイム映像コミュニケーションサービスを経由して対策本部からの指示を受け、鬼怒川の河川敷で、河川の様子や水位などを撮影し、その映像が対策本部に伝送された。現場の様子を受け、災害発生時と同様の対策会議が行われ、スムーズな対策案の立案につながるかが検証された。

ドローン導入・活用をご検討中の方、
まずはお気軽にご相談ください。

活用シーンに合わせた最適なソリューションを
ご案内いたします。