JR西日本 和歌山支社、現場対応を迅速にするため、ブイキューブロボティクスのドローンソリューションを導入し、遠隔からのリアルタイム映像共有を実現

2016年12月21日

企業・自治体向け業務用ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出村太晋、以下ブイキューブロボティクス)は、西日本旅客鉄道株式会社 和歌山支社(以下、JR西日本 和歌山支社)に、ドローンからの映像をリアルタイムに遠隔地・複数拠点に共有するドローンソリューションを提供いたしました。


<JR西日本 和歌山支社でのドローンソリューション利用イメージ>

本ソリューションにより、JR西日本 和歌山支社は、災害や事故などの緊急事態において、支社に設置される対策本部と災害現場で、ドローンが撮影する現場の様子をリアルタイムに遠隔共有する環境を実現しています。タイムロスを最小限に抑え、復旧に向けた迅速な判断、対応が可能になると期待されています。また、緊急時でのスムーズなドローンソリューションの活用を目指し、片側が海、片側が山といった足を踏み入れにくい場所での日常の検査業務での活用を検討いただいています。

【導入の背景】
JR西日本 和歌山支社では、災害や事故時の検査業務のため、2015年4月よりドローンを導入されています。しかし、2015年7月に、紀勢本線内で発生した台風による線路災害では、和歌山支社に設置された対策本部と災害現場が離れていたため、ドローンを現場に運び、ドローンが撮影した映像を本部へ持ち帰るために長時間要してしまい、刻々と変化する災害現場の状況を、リアルタイムに本部と現場が共有する方法を模索されていました。

【導入の決め手】
■ドローンに内蔵したメディアを回収することなく、遠隔拠点とのリアルタイムな情報共有が可能
ブイキューブロボティクスのソリューションは、ドローンが撮影する映像を、遠隔拠点にリアルタイムに伝送・共有することが可能です。ドローンを持ち帰ることなく、ドローンが現場に到着後、対策本部とコミュニケーションしながら、人が近づきにくい場所でも近接映像を撮影して、判断や対応に必要な情報をすぐに共有ができる点を評価いただきました。

■法人でも安心して利用いただける、高いセキュリティー
ブイキューブロボティクスのドローンソリューションは、株式会社ブイキューブが提供するWeb会議サービス「V-CUBE ミーティング」をコアエンジンとして開発されています。企業レベルで求められるセキュリティポリシーをクリアし、安全・安心な利用環境で、本部と現場の情報共有を実現いただける点を評価いただきました。

ブイキューブロボティクスは、JR西日本 和歌山支社さまでのドローンソリューションの採用は、災害対策や日常的なインフラ点検業務における最適な事例と考えています。

JR西日本 和歌山支社さまでの導入事例の詳細については、こちらをご覧ください。
https://jp.vcube.com/case/8901.html

■ブイキューブロボティクスについて
2015年10月に設立され、ロボティクス領域において映像コミュニケーション技術とドローンコンピューティング技術を組み合わせたソリューション事業を展開しています。 専門的な操作技術を持たない人が誰でも簡単かつ安全にドローンをコントロールし、遠隔地・多拠点からリアルタイムにモニタリング・コミュニケーションを行い、即時に必要な意思決定ができる環境を実現させていきます。コミュニケーションの可能性をさらに拡げ、多くの日常業務をドローンに代替させていき、社会の中で当たり前のようにドローンが活用されている世界を創っていきます。
URL:http://www.vc-robotics.com/

Contactお問合わせ

V-cube Roboticsへのお問合わせは、
以下のリンク先のフォームからお願いいたします。

Contact Form